最新情報

3月17日~4月15日の間「春の花粉症キャンペーン」が開催されることとなりました。

17309848_1130343173779061_4998566700488494754_n

3月17日~4月15日の間「春の花粉症キャンペーン」が開催されることとなりました。
希望者には花粉症対策パンフレット及び箱ティッシュを配布(箱ティッシュは1日先着3名様)
また利用者様25名に1人の割合で1年間有効な「特別会員証」を発行いたします。

今の美しさを保ちたい20~30代の方へ!若さを保つ皮膚科薬♪

皮膚科で出る医療用医薬品に興味はないですか?
30代でも20代に見える人ってたまに居ますよね(*’ω’*)
若く見えると実生活でも色々と得することが多そうです♪

私は薬局勤めだった時に、25歳くらいかなーと思っていた人が薬局のデータをよく見ると30代後半、人によっては40代という事は何度かあり、本当に美魔女というのは存在するのだと知りました!!

何を基準に若いと判断していたかというとポイントはやはり肌です♪
『美レンジャー』の記事によると97%の女性が最も見た目年齢を左右するのは肌だと回答しています。http://www.biranger.jp/

細胞の分裂回数は決まっていて、肌(上皮)の場合は概ね25~35歳くらいがお肌の曲がり角と言われています。
これは細胞数のグラフと一致するので、老化は避けようの無いように思えます。しかし、美魔女達は若く見えるのは何故だろう・・・・答えはスキンケアです♪

見た目が若く見える人って皮膚科医の処方箋が無いと買えない医療用のビタミンとか軟膏を使っていませんか?スキンケアは医療用を使うと若く見える!という科学的統計はないのですが、私の経験上薬局に来た美魔女たちは皮膚科の処方箋を持ってくる人達で、医療用のビタミンや軟膏を使っていました。

でもスキンケアで健康保険って使えるのでしょうか?残念ながら使えません。病気でないと健康保険は使えませんから基本的には自費となります。スキンケアの皮膚科は保険が効かないので高額となるでしょう。

・・・薬だけなら薬局で買えればいいのに・・・私はそう考え販売することにしました!

実は今まで、皮膚科用のスキンケアの薬を直接売る薬局は都内には存在しませんでした。
しかしそれでは不便なので、当薬局はお安く皮膚科で処方される医療用薬を販売することにします。その他医療用医薬品も販売しています。是非ご利用ください

美肌サポート割引・・・ビタミンCとトラネキサム酸の100錠ずつです。3000円/33日
美白サポート割引・・ビタミンCとLシステインの100錠ずつです。3000円/33日
肝斑サポート割引・・・トランシーノと同じ組み合わせで100錠ずつです。3000円/33日
ヒルドイドソフト軟膏・・・高価な化粧品に入っている成分の医療版です1300円/1本

処方箋なしでも病院用の医薬品を販売します。是非ご利用ください。

23区で唯一の病院薬販売薬局:池袋セルフメディケーション
東京都豊島区東池袋1-45-5(池袋駅東口より徒歩五分)
℡:03-4571-0956

dsc_0483 dsc_0482

クラビットなどの抗生物質が気になるあなたへ

よく薬局や病院で、バイ菌をやつける薬です~。とか聞きません?
医療関係者だと「抗生物質」と呼ばれているものです。アンチバイオというやつですね。
最初に言っておきますが、当薬局ではお売りすることはできないカテゴライズの薬です。
私の知る限りだと、病院に行くかorネットを経由するしかありません。

あ、抗生物質でも軟膏の抗生物質とかなら売れるので是非ご利用ください。

抗生物質には種類があります。結構問い合わせが多いので主に使われる5系統をご紹介しますね。(主観が入ってますので参考程度で)

◎(小児科とか歯科でよく出る)ペニシリン系
アモキシシリンとかパセトシンという商品名で使われる初期の抗生物質分類です。大昔はカビから抽出していたらしいですが、最近は専ら合成品です。
人間の細胞にはない細胞壁という細菌の部位を合成できなくして殺します。
歴史が長く、副作用もある程度予測できるため小児によく使われます。
院内処方している小児科クリニックの香りは大体こいつの香りですね。 (*´ω`*)

◎(どんな科でもオールマイティ)セフェム系
フロモッモス、メイアクト、セフゾンとなかなか有名どころの多いのがセフェム系です。
恐らく飲んだことが無い人は居ないのでは?というくらいよく出ます。
ペニシリンと同じような仕組みで働く薬で、歴史はこれまた長いです。同じ理由で小児にも使われますが、こちらは大人にも出されることが多いですね。
薬のくせに世代があり、第一世代はグラム陽性~第三世代はグラム陰性、第四世代はどっちもいけるよ~みたいな感じで効く細菌は世代で違います。

◎(メーカーの押しがすごい)マクロライド系
クラリスって名前の薬が有名なカテゴライズです。あとはよく出るのはジスロマックでしょうか。この薬はタンパク質の合成を阻害します。
粉だと凄まじく苦く、子供が薬を飲まなくなる原因という悲しい運命を背負っています。
抗菌スペクトルは広く(色んな菌に効く)のですが、最近は使い過ぎで効かない菌が出てきているようです。
結構纏まった期間飲まないと効果が薄いので5~7日で出されることが多いです。

◎(何故か皮膚科で出る)テトラサイクリン系
これも前項のマクロライドと同じようにタンパク質の合成を邪魔して菌の増殖を抑制します。ビフラマイシンとかミノマイシンが有名どころでしょうか。
これも昔使いすぎて効かない菌が出ているカテゴライズで最近はあまり出てない印象があります。
あと飲み合わせが結構めんどうくさく、貧血の薬とか牛乳と一緒に服用すると吸収率がガクッと下がります。歯が黄色くなることがあるので殆ど子供には出ないですね。

◎(効くが高い)ニューキノロン系
うちに来るお客さんで抗生物質目当ての方は基本クラビットをお求めですね。
この薬は細菌のDNA合成を阻害して殺菌します。
有名どころだと、クラビットやオゼックスあたりがよく使われていますが、高価なためセフェム系とかと比べて頻度は多くありません。
吸収率がかなりよく経口と注射でそこまで差が出ない程です。
尿中でも殺菌効果を発揮するので、泌尿器や性病などと相性がいいですね。
残念ですが、当薬局では取り扱いがありません。

概ねこの5系統がよく病院などでは出ます。他にも系統はあるのですが、今回は割愛します。

最後によくある質問を羅列しておきます

Q副作用は何ですか
A抗生物質の共通の副作用としては下痢や胃の不快感などの消化器症状です。これは腸内細菌のバランスが抗生物質によって変化するからだと言われています。
Qなぜ薬局では売れないのですか?
A上記にもたまに書いていますが抗生物質は使いすぎると耐性菌(効かない菌)が出てしまうので素人判断で大勢が使うと大変な事になる可能性があります。なので法律で規制されているのです。
Q風邪の時、以前貰った抗生物質は効きますか?
A風邪は9割方ウイルスが原因で起こっています。細菌とウイルスは全くの別物であり、使っても抗生物質はウイルスに対して効果が殆どありません。(風邪用は無いですが、通常ウイルスには抗ウイルス剤を使います。)中毒性表皮融解症などの重篤な副作用もあることから自己判断での使用は避けたほうがいいのかもしれません。
欧米などではよっぽどでない限り風邪で抗生物質は処方されません。

◎薬のことで気になる事があれば抗生物質から風邪薬までお気軽にご相談ください(抗生物質は相談のみです)

23区で唯一の病院薬販売薬局:池袋セルフメディケーション

tf003290_001_01dsc_0489

冬は風邪の季節!忙しく病院に行く暇がないあなたへ!!

さて、風邪を治すのに一番何が必要だと思いますか?

薬?加湿器?暖房?愛情?気合?

私は薬剤師なので薬!!と言いたいですが一番必要なのは休養です。次点で栄養です。厳密にいえば風邪を治療する薬は存在しません。生成できればノーベル賞です(^^♪
風邪が治ってるのは、私たちの体の自然治癒力の賜物なのです。

じゃあ薬って意味無いの?と言われるとそうでもありません。

実際は風邪症状を我慢するにはかなりきついですし、風邪をひいても仕事は休めないし、現実として薬で症状を抑えて出勤されることが多いと思います(‘◇’)ゞ

病院の薬は風邪の「症状」だけなら市販薬より効果的に抑えることは可能です。病院の薬は市販薬と違い、喉の薬!咳の薬!鼻水を止める薬!熱を下げる薬!と抑えられる症状が決まっていて内容量も多いので、たとえ風邪の最中でも症状はある程度緩和されるのです。実際かなり楽になると思いますし、体力回復を促し軽快につながることもあるのかもしれません(^^♪

でも病院に行って数時間待たされて渡された薬が治療薬じゃなくて症状を緩和させるだけの薬なら、常備薬を用意して風邪の時に飲んで早く休んだほうが風邪の治りも早いのではないでしょうか?

基本的に病院は常備薬の処方箋を書いてくれません。出してくれても大体5日~1週間分ぐらいが限度です。これは常備薬には保険が適応されないからなのです。
それに元気なのに病院って違和感ありますよね。
お金も、初診だと何だかんだで2000円くらい払いますしね。

当薬局は、仕事が大変なビジネスパーソンで常備薬が必要な方のお役に立ちます。
医療用の風邪薬なら、10錠200円から販売しています。
病院や市販薬などの他の手段で薬を手に入れるより、比較的な安価で常備薬をご用意しております。

風邪をひいてしまう前、元気なうちに是非当薬局へお立ち寄りください(*’ω’*)

・PL配合顆粒・・・800円/20包
・PA配合錠・・・800円/40錠 200円/10錠
・フスコデ配合錠・・・500円/20錠 1800円/100錠。
・カルボシステイン500mg(ムコダインGE)・・・300円/10錠
・トラネキサム酸250mg・・・300円/10錠
・トローチ・・・300円/12錠
・イソジンうがい液・・・200円/1本

池袋セルフメディケーション
池袋駅から徒歩五分
東京都豊島区東池袋1-45-5
℡:03-4571-0956
定休日:月曜・火曜・祝日

dsc_0487dsc_0488dsc_0482

今日も池袋で営業しています

扱える医薬品は多種多様(約7000種)ございますが、当薬局では医療用ジェネリックを主に扱うことによって病院やドラッグストアと比べて割安での医薬品提供を行っています。

もちろん先発品の医薬品も取り扱っています。

ご希望の医薬品が在庫が無い場合もございますが、特殊な大包装でもない限り1~2日で取り寄せますので、是非ご活用ください。

また在庫に関してや値段に関してのご質問は店舗用のLINEかメールアドレスにご相談ください。

15039508_1039200796226633_1182621919567147975_o

リンベタを追加しました

新しい薬剤を入れました😃 リンベタPF眼耳鼻科用液というリンデロン眼耳鼻0.1のジェネリックになります。最大の特徴はPreservative Free・・・つまり防腐剤無添加です。PFデラミ容器という容器を採用していて形的にもとても使いやすいです。薬効に関しては検索してみて下さい。

リンデロン眼耳鼻科用液という薬のジェネリックになります。

処方箋無しで問題ありません。池袋にてお待ちしています。

ピコスルファート(ラキソベロンGE)を追加しました

お客さんの希望で薬をまた一つ入荷しました。この薬は液状で、一般用医薬品にも同様の成分はありません。 錠剤などと違い液状のため細かい用量調節が可能です(通常は数滴が用量です) 詳しい薬効などは検索してみて下さい。

この薬はラキソベロンのジェネリック医薬品です。

処方箋無しで病院の薬が買える薬局

池袋セルフメディケーション

img_20161110_144727

 

 

 

 

池袋に開店しました

23区初!
当薬局は池袋にある医療用医薬品専門の薬局です。
処方箋なしで病院の医薬品が買えたり、血液検査なども行っています。

池袋セルフメディケーションをよろしくお願いします。

東京都豊島区東池袋1-45-5
池袋駅東口より徒歩5分

dsc_0039

12

ご不明な点などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP

PAGETOP

をカートに入れました